Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Hypoxis villosa

ヒポクシス・ビローサ(Hypoxis villosa)の栽培方法

何人かの方に差し上げたんですが、ちょいと栽培方法を調べるのは難しいかもしれません。
これが正式というものではありませんが、私なりの方法を記録もかねてまとめます。

コキンバイザサ科の宿根草(球根)
日本のコキンバイザサよりも大柄。
葉幅が広く、葉にも花茎にも白い毛が密生し、黄色い花を沢山咲かせます。

09年秋にタネを蒔いた実生苗で、当地(神奈川)では屋外で無事越冬し、翌年咲き出しました。(USDA Zone 8)
南アフリカ産(雨季は主に夏)ですが、ほぼ常緑性の湿地性種のため
通年水を切らさないように与えてください。
1cm弱の浅い腰水で育てるという意見もありますが、
たまに乾いてもまったく影響はありません。
日当たりを好みますが、我が家のような日照が少ない状況でも咲いてくれました。

調子がよければ、春から秋まで、咲き続けます。
当初からずっと、10.5センチロングポットで育てていましたが、大きめのポットに移すと、
株が大きくなったように思います。
こぼれダネからもよく増えるので、周りに毛深い葉の植物がいつの間にか増えてます。



20108ヒポ2-2

| 球根植物 南ア | 17:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/01/29 22:32 | |

秘密コメントさん、こんばんは。

簡単なまとめでよろしかったでしょうか?
あとで、追記したのですが、耐寒性についてはあくまでも神奈川を基準としています。
先日の5センチくらいの積雪には、何の影響も受けていません。
ただ、当地は、マイナス1~2℃程度しかまでしか下がりません。
極端な低温に対しては、栽培経験がなく不明です。
あくまでも参考になさってください。

彩の国、また、ぜひお邪魔したいと思っています。
タイムリーに招待のお手紙が届きました(笑)
また、お会いできる日を楽しみにしています。

| kyoro | 2012/01/29 22:54 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/01/30 09:51 | |

秘密コメントさん、おはようございます。

ー6℃、ブルブル。
普通の球根だったら、凍ってしまうのかしら?
次回は…耐寒温度が重要になりそうですね。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

| kyoro | 2012/01/30 10:38 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。