Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

いよいよ狂い咲き…

けっこう、朝夕風に秋を感じるようになっていたんですが、
昨日からまた、夏に逆戻り。
暑いです。

エアコン切った寝室は、早朝、30度。
不快感で目が覚めます。

Lukeのいるリビングはもう少し涼しくしているのですが、
それでも暑さで目が覚めるみたい。
陰になるところを選んで散歩に行っても、へェーヘェーと息の荒いこと。
3.40分ほどで、さっさと帰宅です。


で、
で、
で。
暑いわけですよ。


それなのに、開花しちゃいました。
いいのかなぁ~。
だめだろうなぁ~。

えっ、長いって?

だってそりゃ~、延ばしたくもなります。

フッフッフッ!!!



ルイコフイチゲが開花しました。
か、かわいすぎる。
お毛毛が…。
ルイコフイチゲ20130831
最近、主人がカメラを新調したので、試し撮りを頼んでます。
う~ん、おニューのカメラはいいなぁ。


学名 Pulsatilla tatewakii
分類 キンポウゲ科オキナグサ属
●多年草  
 10~20cm位に育つ。(冬季は地上部は枯れ、休眠)
●開花期  4~5月頃
●耐寒性  強 -30℃
●栽培場所  日向向き
 樺太、サハリン草原に自生する幻の青いオキナグサと言われる品種。
 全体が絹毛に覆われた青紫色の花を咲かせるオキナグサの仲間
 花弁状の萼片の外側は紫色で、内側は白っぽい。
 外側には白い毛が密生している
 花はうつむいて平開せず、気品のある花姿
 独特の雰囲気を持った植物

ポイント 水はけの良い場所で管理し、夏場は涼しく夏越しさせてやることが必要。
水やり 春、秋は表土が乾いたらたっぷりと(1日1回程度)。
     夏場はやや乾燥気味にやります。
     休眠期には鉢内が乾ききらない程度の水やり。
肥料  花後すぐに葉が展開してきますので、化成肥料か油かすなどの有機肥料を置き肥。
用土  水はけの良い用土を使用。鹿沼土か、火山レキなどを使用すると良い。



ウンチクを、いろいろメモったけれど、まったく無視したままで開花。
いいのかなぁ~(謎)

って、今時開花して、株はどうなるんでしょうか?

ちなみに、カシポオキナグサは、種ができつつあり、新葉も展開中(謎だ!!!)
カシポオキナグサ種20130831
無事に、種ができるといいんだけれど…。
     


こうなってくると、ヒトツバオキナグサに挑戦したくなってくるもので…。
いかんいかん!
減らさなくっちゃいけないのよね(滝汗)

| 山野草 | 14:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。