Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

医者の得手不得手と命拾い

今日、関東は梅雨入りです。
ついに、憂鬱な季節到来。

朝から、アレルギー性鼻炎が出て、
ティッシュが手放せません。

そして、さらに、腕に何やら痒みが…。
私が最も信頼を寄せるA皮膚科に行ってきました。
そこで、先月からの不調について、やっと終わりが見えた感じがします。

先の連休、長期に渡って続く脇腹痛。

特にかかりつけ医がいない私は、近所に聞きまくって、B内科へ。
そこでの診断は…??
エッ?湿疹は出てないんですが…。

処方されたのは、リ○カという痛み止め。

何とも気にかかり、いつも行く大きなC病院へ。
先の診断、処方薬については???というけれど、
あくまで、消化器系には異常なしとの判断。
まぁ、こちらの方が心配だったので、これはこれで良かったんですが…。

こちらの検査に行く途中の駅で、エスカレーターの最上段から落ちそうになりました。
幸いにして、すぐ下の段の男性が大柄の方で、何とか落ちずにすみましたが、
最上段は、建物3階分という高さ。
落ちたら無事ではいられません。

帰りにB内科で、血圧220-110。
ひっくり返る寸前でした。

その前から、薬を飲み始めてから具合が悪いと言い続けているのに、
なぜか倍量にしようと言い出すB内科。
たまらず、飲むのをやめますと宣言したけれど、
いまだ血圧は、完全には落ち着きません。

痛みのことは忘れ、降圧剤を処方したいと頑張る、B内科。
血液検査でも尿検査でも、食事の塩分取り過ぎはないというのに、
困ったものです。
自宅での血圧が、日中、100-65切ることもあるのに、降圧剤飲んだら、ひっくり返ります。
ただいま、降圧剤は拒否中です。

で、今日、A皮膚科に言ったら、まずは完全な見たて違い。
処方薬は、副作用がいろいろで、とても取り扱いが難しい薬だそうです。
かなり熟練した医者の管理下で、注意深く飲むべきだそうで…。
なぜ、断らなかったのって…。
そんなぁ~、医者の出す薬をそこまで危険とは思わないでしょ~!

血圧が落ち着くまではもうしばらくかかるだろうとのこと。
普通に恐ろしい話です。

あのエレベーターで、私を支えてくださった男性に感謝です。
これが本当の命拾いです。


ちなみに、B内科に通うご近所さん。
120-70で降圧剤を出され、90に下がって、ふらつき、救急病院へ。
それでも、高血圧と言われれば、薬を飲まないと怖いでしょうと。
他の大学病院でも危険と言われて、何とか説得して、今はやめてるみたいですが…。
まだ、完全にやめるのは怖いとのこと。

うーん、こう言ってはなんですが、不得手なことには手を出して欲しくないですね。

| つぶやき | 19:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。