Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

戦利品?

先日行った、やまくささん。
購入品の写真が満足に撮れずに、悪天候が続く。

まぁ、予想はしていたので、花が終わりそうなものだけ、帰宅後、夕方、急いで撮影。
今日見たら、この雨で、やっぱり花は終わってました。

う~ん、チラッと見ただけになってしまったぞ!
残念!!


やまくささんの楽しみは、ひたすら苗とラベルを見て、欲しいものを探すこと。
しかし、知らない植物ばかり。
カタログを見ても、よくわからないし、見つけてみて初めてこんなものかと思う。
いやいや、摩訶不思議な世界。

20124チオノサー
花のない苗を見つけ、ウ~ンと悩んでいたら、奥様が花つきの苗を見つけてきてくださった。

チオノドクサは、園芸種は花が大きくなりすぎて、なんか、いまひとつと思っていたのよね。
やっぱり、小型はいいなぁ~。

Chionodoxa sardensis
科目: Liliaceae
花色: 青(中心がホワイトの濃いゲンチアナ・ブルーの花弁)
花期: 2月-3月
草丈: 15 cm
植え期:10~11月 (-15℃まで耐寒性がある。)
植える深さ: 10 cm
植える間隔: 7- 15 cm
日当たり: 日光を好むが一部日陰でもよい
植える場所: 花壇、ボーダー、ロックガーデン、木や潅木の下
チオノドクサ・ルシリエ(C. luciliae)と比較して、草丈はより少々低めだが、
花(りんどう色)の数は上回る。
トルコでは自生するチオノドクサ・サーデンシスを見ることができる。
(1877年に紹介された。西トルコ、クレタ島、キプロス原産。)



もう1苗、chionodoxa forbesii 'white giant'なるものを、入手したのだけど?
20124チオノホワ

う~ん、詳細不明。
花はほとんど終わっていたので、よくわからない。
Chionodoxa forbesii 'Pink Giant'なら、なんとなくわかるのだけれど、
ウ~!!
英文を読むのは苦手で考えたくない。
Chionodoxa forbesii var albaと、どう違うのだろう???


植物を育てるにも、英語が必要なのかと思うと嫌になる。
はぁ、もうちょっと高校時代、まじめに勉強しとけばよかったと反省。

英語が読める家族に助けを求めようにも、専門バカばかり(汗)
植物はわからんよ!だって…。(悲)

| 球根植物 その他 | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。