Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

<< 2016-03- | ARCHIVE-SELECT | 2016-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日本フラワー&ガーデンショウ

昨日、いつもお世話になっているベルママさんが
これまでもアップしていらっしゃた
日本フラワー&ガーデンショウが、今年は横浜で開催。
園芸店で招待状をもらったので、珍しくお出かけ。

今年のテーマ展示はチューリップ。
う~ん、アクミナータ以外は、チューリップは食傷気味の私。
さてさてどうなることやらで出発。
会場までは35分?
着いたら、先着500名までは花苗をもらえるというので列に並び、
ナスタチュームをゲット。

フラフラと滞在時間は、1時間半。
肝心の写真は、コンデジで撮ったのだけど、PCにうまく入らない(汗)

西武のショーに比べれば、小規模だけれど、
それだけにいろいろと質問させていただき勉強になったかな?

例えば、

デルフィニウム
購入するなら9-11月の苗発売時期の初め。
5号以上のポットに植えつけ。
大きく育てたいなら、ポイントは日照と肥料。
デルフィニウムは肥料食い。
いかに肥料を十分に与えるかが重要なポイント。

ジキタリス
もともと1.2年草だったのが最近は丈夫に改良されてきたので
多年草と言われているだけ。
少々がんばっても、特にポット植えでは限界があり、先細り。
1年草と割り切って、2.3年で新規に更新した方が気が楽。

HB101粒剤
5~6号ポットに1cc程度を植え付け時に散布。
液の場合は定期的に。

などなど。

特に、珍しいものがあるわけではなかったが、
きちんと質問したら答えてもらえるので勉強になった。

金子先生にもお会いできてご挨拶。

で、いろいろフラフラして、つかみ取りやら、アンケートやらに参加。
気が付けば、結構なお土産。
ご近所さんと分けました(笑)
08520160422お土産


隣のホールは骨董市。
以前ならこちらの方がメインだったのだけど…人混みに疲れパス!!!


だいたい、フラワーショーの入場時にもらったナスタチュームは
出るときにはボロボロで花がない。

人混みは苦手。
今年も西武はパスだな!

| お出かけ | 23:07 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

玄関前

今日は一日、いい天気。
でも、血圧が、アワワ、朝から…。
それでも、ゴソゴソ。


最近、風が強い日が多くて、ポットがすぐ水切れ。
水遣りがたいへん。

ふと見ると、玄関前の植物もグタ~!

昨年置き場所を減らしたので、玄関前がずいぶんさびしい状況に。
それでも、楽しみにして見に来られる方がいらっしゃるので、
できるだけきれいどころを。

今年は、ビオラとアネモネと、ラナンキュラス。
でも、アネモネは置き場所を変えたせいか、いまひとつ。
ビオラの数も減少。
う~ん、場所がないというのは苦しい。

で、せめて、ラナンキュラスくらいと、増量。
ラックスシリーズは元気!!

09720160416玄関前

前年までの球根に追加。

サカタのタネで購入した長崎ラックス。
レッド、オレンジ、イエローの3種を2球ずつ

綾園芸
 アリアドネ
 テセウス
 ハデス
 ミノアン
 リキュア

追加分
 アルテミス
 ウラノス
 エウロペ

光沢のある花弁は、キレイ!
太陽欲しいね…無理だけどさ。


ラックスは正直、ちょっと高め。(販売店での価格差が大きい!!!!)
でも、毎年球根が大きくなってたくさん開花すると思えば、ちょっと割安感も。

地植えにできればベストなのだろうけれど、ポットでも管理可。

購入したら、6号ロングスリットポットに
普通の培養土に赤玉小粒と鹿沼小粒を足したくらいの用土で植えつけ。

花後、上部が枯れたら断水し、秋に7号ロングスリットポットに植え替え。

球根が充実してきたら、最低でも7号、8号ロングポットは欲しいところ。
球根は大きくなると、直径、4~5cmにはなる。

病害虫は、この時期、うどんこが出るが、全く勢いは衰えない。
ハモグリバエの食害があるが、我が家ではオルトランに耐性があるのか
効き目がなくなってきたので他の薬剤に変更した結果、
散布後には発生していない。

| 球根植物 その他 | 22:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年の Scilla と、Hyacinthella

今年もいくつか Scilla が開花。
撮影しないまま散ったものもあって
まとめようにも気が滅入る。
だいたい発芽してすぐや花芽が食害にあってしまって、導入したてで
まだ花を確認できないものがあるのは悔しい。

新規輸入物
Scilla armena (R) 食害 新芽あり 

Scilla mesopotamica (R) 開花したが撮影せず (syn. paschei of cultivation)
明るいブルー

Scilla cilicica Syria (R)
私好みの濃いブルー
04320160313スキラci

Scilla dimartinoi (R)
球根が届いてその大きさにびっくり
大きい植物は遠慮気味な私。
peruviana みたいに大きいとひくなぁ~と思ってたら、やっぱり大きい。
でも、透き通るような薄いブルーは結構好きかも。
それでも、増えたら置き場所に悩みそう。
02320160413スキラdim

新規 Scilla vincentina Cape… (ル)  synonym Hyacinthoides vincentina.
小さくて繊細。
かなり好み!
06920160413スキラvin

Scilla sibirica は、ご近所にお譲りして開花。


Scilla と似たところで、Hyacinthella について。
2種ほど輸入してみたのだけど、1種は発芽後、1種は花芽付で食害に会い
花を確認できない。

Hyacinthella dalmatica grandiflora (R) 食害 新芽あり
               
Hyacinthella lazulina (R) 食害 新芽あり


相変わらず、Scilla 、Hyacinthella 、Acis の違いが判らないけれど、
入手時の名前で通すことにする。

| 球根植物 欧州 | 13:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年のトロパ

今年の Tropaeolum のまとめ

少し種類を増やそうとしたのだけど、輸入した
Tropaeolum hookerianum ssp. austropurpureum (T) は、2センチでお終い。
Tropaeolum leptophyllum (R) は、発芽せず。

前からいる Tropaeolum azureum (S) 1球と、
Tropaeolum tricolor (サ) は発芽せず。

こういった球根は生きているのか???

Tropaeolum brachyceras (サ)
今年も満開。
15620160313プラキ

Tropaeolum brachyceras 交配 ⑧ (Z)
倒れて一球分の茎が切れて枯れた上に、もう一球の花付きは、いま一つ。
垂れた枝を撮影したので花の向きが逆。
01220160331-8.jpg

Tropaeolum brachyceras 交配 ⑨ (Z)
brachyceras に比べ、明らかに色が薄い。
03220160331-9.jpg

Tropaeolum brachyceras 交配 ⑪ (Z)
brachyceras にそっくり。
01720160331-11.jpg

Tropaeolum azureum (U)
咲き始めに撮影。
見事に満開!
02720160331azure.jpg

Tropaeolum hookerianum ssp. austropurpureum (U)
新規導入球根。
さすが国内産は元気!
azureum に比べて明らかにパープル。
13120160313ho.jpg

輸入ダネは発芽せず…難しい!!!


いつもスリットポットで管理するのだけど、強風で倒れてしまうことが多い。
倒れないように他のチビポットで囲むと日陰ができてチビポットが開花しない。
ともかく、隣の植物に絡みついてしまうので、くっつけられないから場所をとる。
今秋は重い鉢に植えてみようか?

| 球根植物 南米 | 15:33 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雨に弱いから

雨が降っても大抵の植物は外に放置。
でも、これはちょっと厳しい。
まぁ、別に花が傷むというわけではないのだけど、
繊細な花なので、見た目がねぇ~。

Trichopetalum plumosum
去年は、雨続きの中、開花し始めたのだけど、今年は晴れた日に開花。
10720160413trico.jpg

やっぱり青い空はイイねぇ~。
08620160413torico2.jpg

| 球根植物 南米 | 12:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>