Lukeの隠れ家

シェルティLukeと、コガネメキシコインコkyoroの住む小さな家に咲く、花の日記

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

天気よく、たまにはしっかり休憩を

乾燥し、天気もよく、洗濯日和でした。

朝から、なんか気分が乗らない1日。
寝る前に飲んだ薬は、長時間は効かず、たまには完全休業宣言。

気になっていた園芸店に電話をかけ、情報収集。
来季も楽しくなりそうです♪


昨日のこと、たぶん生まれて初めて、ほぼ完全に蝶の羽化を見ました。
我が家のカサブランカに生みつけられたルリタテハの卵。
結局、蛹になったのは11匹。

現在、羽化したのは10匹です。
ともかく、人の気配がない早朝に羽化することが多く、
気がつけばもぬけの殻。

昨日の朝、9匹目の羽化が終わっていたのに気づいて、ちょっぴりため息。
10分後、ピンと来るものがあって見に行くと、ちょうど蛹の頭が割れて
蝶の頭が出始めたところ。
あわてて、カメラと携帯を取りに行き、写真を撮りながら、お隣さんに電話して、
一緒に観察しました。

子供たちが小さいころは、アゲハを羽化させていたんですが、
なかなか最初から見られるものではありません。

2012ちょう

うんしょ、うんしょ。
2012ちょう-2

ちょっと時間がかかります。
2012ちょう-3

ここからは、するりと一気に出てきて、さっと上を向きます。
2012ちょう-4

羽はヨレヨレ。
これが少しずつ伸びていきます。
2012ちょう-5

もうほとんど広がってきたかな。
2012ちょう-6

完全に、羽が広がり固まったら、いよいよ空に。
って、これ、ちょっと時間がかかるので、撮影はこれまで。

元気に旅立ってね♪

最後の一匹も明日あたりでしょうか。

その後に残るのは、葉っぱがほとんど減ってしまったカサブランカ。
フゥ~、来年も咲くのかしら(汗)

| | 22:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

生きている虫のオーナメント

今年は、久しぶりに植えたカサブランカが見事に咲きました。
ヤマユリも、まずまず。
気をよくして、来年開花を期待したいとこでしたが…。

たくさん花が咲いた球根を翌年も咲かせるには、残った葉っぱを大事にすること。
夏の直射日光で葉やけさせず、さりとて光合成は必要。
こんな感じかなぁと、適当に管理していたら、ある日、一気に葉が減ってきました。

じっくり見ると、ルリタテハの幼虫がいっぱい。

アチャ~、また今回もですか?

我が家でカサブランカを植えると必ずやって来る、ルリタテハ。
幼虫は、見た目わる~!
2012秋お食事

まぁ、私は全然気にしないんですが、その数、12匹。
ヤマユリはあまりお気に召さないのか、そのうちの1匹だけです。

虫口密度が高すぎて、エサの葉っぱが足りるのかと心配していたら、
風が強いとすぐ落ちる。
毎日、あたりに落ちたのを探して、手づかみでポイポイ葉っぱに戻し、現在10匹。
うち、7匹がさなぎになりました。
最初の1匹は、早くさなぎになったので、上の茎に蓑虫のようにぶら下がってます。
20129ルリタテハ

残りは、葉っぱの裏に、次々と。

クリスマスツリーは、モミの木にかわいいオーナメント。

こちら、ユリには、さなぎのオーナメント。

20129ルリタテハ2

全部、無事、羽化してくれるといいのですが。

1匹だけは脱走し、エキナセアの茎でさなぎになっています。
さすがに、狭かったかな?


しかし、これだけ葉っぱが減ってくると、来年の花は咲くのか心配です。
ヤマユリは丸裸だし。

| | 16:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |